ロサンゼルス空港でレンタカーを借りて、アメリカの国立公園デスバレー(DEATH VALLEY)に行く方法

 

デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最大の面積があり、海抜下86mの灼熱砂漠から標高3368mの高山まで広大に広がる国立公園です。

アメリカで最も暑く、最も乾燥し、最も標高が低い、と言われるデスバレーに、ロサンゼルス空港でレンタカーを借りて、行ってみました。

ロサンゼルス空港からデスバレー国立公園まで、グーグルマップで調べると270マイル、ハイウエーをダダ走って4時間半くらいの道のり。

 

時差ぼけと睡眠不足を考慮して、空港からデスバレーへの直行は控え、途中のリッジクレストという街で1泊することにします。 

ロサンゼルス空港から180マイル、2時間半の道のり。何とかなりそう。

 

翌朝、9時にリッジクレストを出発してデスバレーへ。120マイル、2時間ちょっとの道のり。お昼前の到着を目指します。

 

リッジクレストの街を抜けると、ずっとこんな感じ。

s-IMG_1293

 

ひたすら2時間走ると・・・

s-IMG_1300

 

デスバレー国立公園の入口に着きます。でも、ここからVIEW POINTまでまだ30分以上走ります。

s-IMG_1303

 

ビジターセンターの FURANCE CREEK RANCHに到着。

お昼前の到着予定が既に14時前。

途中、写真を撮ったり、ガソリンスタンドでコーヒー飲んだり、で寄り道し過ぎるとこうなるので、注意しましょう。

s-IMG_1307

 

まあ、暑いですよ。さすがデスバレー。でも湿度が低いので、東京のように、うだる暑さではなく、なんとか歩けます。

ガイドブックでは 「夏のデスバレーは殺人的な暑さだから危険!!!」 とか書いてありますが、そこまでかな~

真夏の東京の方がよっぽど危険 ですよ、ハイ。

アメリカの温度単位は 華氏 Fahrenheit(F) が基本。日本の摂氏 Celsius(C) と違うので、その都度頭を使います。

専用アプリで計算すると 華氏108 は 摂氏42.2。 (8月中旬)

s-IMG_1305

ビジターセンターで入場料を払い、さっさとビューポイントへレンタカーを走らせます。

 

デビルスゴルフコース(Devil’s Golf Course)

まずはデビルスゴルフコースへ。

足元のゴロゴロした塊、これ岩塩ね、塩の塊。

名前の由来は ”悪魔でも、さすがにここじゃゴルフできないんじゃね?” という意味らしいです。

s-IMG_1313

 

s-IMG_1318

s-IMG_1320

 

バッドウォーター(Bad Water)

次に、バッドウォーターへ。ここは西半球でもっとも標高が低い場所らしい。(海抜85.2m)

塩の結晶からなる真っ白な広大な大地が広がっていて、その上を歩くとザクザク音がして楽しいです。

掲示板の写真とは少し様子が違いますが、充分シオシオしてます。

s-IMG_1345

 

これ全部塩。石灰っぽいけどね。

s-IMG_1328

 

少し掘ってみます。

s-IMG_1329

 

完全な塩です。

s-IMG_1339

 

アーチストパレット(Artist Pallet)

次にアーチストパレットに向かいます。

山肌が化学反応を起こしていて、彩り華やかな景色が広がっているらしいので、楽しみにレンタカーを走らせます。

s-IMG_1364

 

ん?  あれ?

微妙だな、という感想。  デスバレーさん、すみません。

s-IMG_1365

 

草津や万座温泉の山でも、硫黄で変色した、似たような山肌を見たような気が・・・

s-IMG_1367

 

ザブリスキー(Zabriskie)

気を取り直して、ザブリスキーポイントへ向かいます。

ここは、山肌が幾重にもギャザリングされていて、その凹凸が太陽の光を浴びると黄金に光輝くポイントとのこと。

でもね。。。

40度オーバーの中、写真左奥の高台まで歩くのね、ここ。

ボトル1本のミネラルウォーターが必要です。

s-IMG_1369

 

ようやく着きましたよ。

s-IMG_1378

うん、ここはなかなか凄いね。観光客もたくさんいます。

s-IMG_1380

s-IMG_1381

で、来た道を下ります。写真奥に写るのが、パーキング。

写真だと近く見えますが、20分くらい歩きます。

s-IMG_1386

 

ダンテスビュー(Dantes View)

最後にダンデスビューポイントへ向かいます。

「展望台から見下ろすバッドウォーターの真っ白の塩の結晶がとても美しく、デスバレー国立公園の代表的な景色が一望できる絶対必見ビューポイント!」 とのことなので、期待して向かいました。

s-IMG_1397

ん~ 微妙… 完全な逆光で、よく分かりません・・・

s-IMG_1396

食レポ担当いわく 白川郷の方が・・・   ↓ これ ↓

白川郷

 

でも、今まで見たことない風景が広がるので、それなりに楽しめるのは間違いないです (2回目は無いけど)

14時前にビジターセンターに入り、一通りのビューポイントを回り終えたのが17時過ぎ。

ここから、3時間ほど走りラスベガスで宿泊、というスケジュールでした。