予め日本で予約しておいたレンタカーを、ロサンゼルス空港で実際に借りて、乗り出すまでの方法を現地レポートします。

ロサンゼルス空港について出国ゲートをでたら「rental car shuttles」の看板を探しましょう。恐らく直ぐに見つかるはずです。 s-IMG_1206 看板に従ってシャトルバス乗り場についたらバスが来るのを待ちましょう。頻繁に巡回しているので、せいぜい5分も待てば、レンタカー会社の看板を掲げたシャトルバスが到着するでしょう。 s-IMG_1207s-IMG_1210 今回はアラモレンタカーを予約したなので、アラモレンタカーの看板を掲げたバスを見つけて、乗り込みます。 s-IMG_1215渋滞状況にもよりますが、ロサンゼルス空港から15分前後で、レンタカー受付所に到着します。 s-IMG_1226s-IMG_1224 予約無しで来所して当日荷予約する、というトラベラーも結構多いんです。

当日の空車を調べて、その場で借りる方は、自動受付を利用して、手続きをしていました。

さすがに英語の不得意なアジア人は、事前に予約していた方ばかりなので、自動カウンターでは見かけません。s-IMG_1229英語の不得意なガッツは日本で予約済みなので、有人カウンターで受付します。予めプリントしてきた予約票を提出し、パスポートと国際免許証とクレジットカードを提出すれば、簡単に手続きが終わります。 s-IMG_1230 日本の借り方と大きく違うのは、自分で駐車場に行き、好きな車を選ぶこと。

予約したボディサイズの看板を探して、そのスペースに駐車している車の中から、好きなレンタカーを選びます。

ちなみに、鍵は鍵穴に差し込まれているので、その場でエンジンを掛けて運転感覚を確かめることもできます。 今回は「フルボディ」サイズを予約したので、full size のコーナーに向かいます。 s-IMG_1231 s-IMG_1233 ちなみに、ミドルサイズのコーナーでもいい車が並んでいます。ミドルでも良かったかな~とも思いましたが、1日500~700キロ走ることを考えて大き目のサイズを予約しました。

 (安い)ミドルサイズを予約して、(高い)フルボディサイズを乗り出すこともできるんじゃないかな~という疑問も浮かびますが、当然、そんなことはできない仕組みになっています。 s-IMG_1235 好きな車を選んだら出口ゲートに向かいます。

ここで、予約したボディサイズと、実際に乗り出したレンタカーのサイズが合っているかチェックされます。

受付のスタッフに貸出伝票を見せるとフロントガラス脇に貼られているバーコードをスキャン。予約内容とあっていることを確かめたら、そのまま出口をでることができます。

s-IMG_1239 1日500円くらいで借りられるナビは、初期設定時に言語が選べます。 設定の仕方が分からなければ、受付でカーナビを渡されるときに「ジャパニーズ・セッティング・プリーズ」と言えば大丈夫。

日本語の表示で住所セットができますし「●マイル先を右です」と日本語で教えてくれるので、初めてのカリフォルニアドライブでも、よほどの方向音痴でない限り、行きたい場所にいけるでしょう。 s-IMG_1237 ロサンゼルス空港を出国してレンタカーを乗り出すまで、1時間くらい掛かります。

カリフォルニアでレンタカーを借りる際には、時間に余裕を持ってスケジュールを組みましょう。