全米1うまいと噂のフライドチキンをレンタカーを借りて食べに行ってみた

アメリカではフライドチキンが人気のファーストフードの1つ。

カリッとフライしたチキンにワッフルを組合わせたメニューが看板のRoscoe’s House of Chiken ‘n Waffles《ロスコーズ ハウス オブ チキン》は全米でもケンタッキーと同等、いやそれ以上に有名なファーストフード店です。

フライドチキンとワッフルの組合わせはアフリカ系アメリカ人のソウルフードのため、黒人が比較的多く住むエリアを中心に出店しています。

ロサンゼルスでも、ダウンタウンから少し離れた郊外にあるため、アクセスはおのずとレンタカーで。

ということで、ロサンゼルス空港でレンタカーを借りて、あのオバマ大統領も食べに来る、と有名なRoscoe’s House of Chiken ‘n Waffles《ロスコーズ ハウス オブ チキン》へ行きました。

 

オバマ大統領が来た時の映像(Roscoe’s House of Chiken ‘n WafflesのHPより)

 

 

今回行ったのは、WEST LOS ANGELS店

s-IMG_1242

店内には、オバマ大統領の大きな肖像画が。

アメリカ大統領も食べに来るくらいだからね。このくらいアピールしないとね。と妙にナットク。

s-IMG_1243

 

店員さんはみな黒人。お客さんもほとんどが黒人。店内はソールミュージックが流れ、地元感がハンパない感じ。

s-IMG_1244

 

陽気なジョアン(勝手に名づけたグラマスなウェイトレス)からメニューを受け取るも・・・

s-IMG_1245

どれを選んだら良いか、全く分からない・・・

だから  What is recommended ときいてみたら

s-IMG_1246

当然ながら  オバマスペシャルよ♪  というので、頼んでみました。10ドル10セント(税別)也。

内容は、フライドチキンウイングが3つ+ワッフルまたはポテトサラダまたはフレンチフライ。

オバマは何を頼んだの?  と聞いたら

もちろんワッフルよ。当店1番人気だし  というので、それ2つね、と注文。

スライド1

 

周りを見渡してみると、オバマスペシャル(らしき)プレートを食べている客も多い

s-IMG_1250

待つこと5分くらい。オバマスペシャルが来ましたよ。

s-IMG_1254

当店の食レポ担当いわく、もうケンタッキーには行けない、と・・・

この組合わせ、日本で見かけることは無かったですが、想像以上にいけます。ワッフルも軽くてぺろりと食べられます。

日本の女性でも全然いけると思います。

 

でもさ、税金含めたら11ドルちょっと。レートにもよるけど130円/$なら1400円だもんね。安くないよね。こんだけ出すなら美味くて当然じゃない? 

と、ついつい日本食の感覚で比較してしまいました。

s-IMG_1256

レンタカーを利用するメリット

味や店内の雰囲気はとても良いのですが、正直、店の周辺環境は決して良好とは言い難いです。

ここに来る途中の路上で、ホームレスらしき黒人を何人も見かけましたし、店舗の駐車場には、ジャンキーだか、酔っ払いだかの初老がふらふらしていました。

そんなエリアだからこそバスなどの公共交通機関ではアクセスが難しく、レンタカーを借りるメリット大です。

そうはいってもレンタカーで、かつ日中の時間帯に行くなら良いですが、女性だけ、とか、男性でも日が落ちてからの時間帯は避けた方が良いかも。

水と安全はタダ と思いがちな日本人だからこそ、安全への配慮は重ねに重ねて対応したいところ。

どうしても行きたいなら、ハリウッドやロングビーチなどの観光地にある店舗に行くことをお奨めします。

ロスコの店舗案内